青海、四川、チベット境界で9頭のヒョウを発見


カメラに映ったヒョウ

【CNS】中国・青海省(Qinghai)玉樹チベット族自治州(Yushu Tibetan Autonomous Prefecture)環境保護局と林業局は9月18日、青海省、四川省(Sichuan)、チベット自治区(Tibet Autonomous Region)の境界にある東仲人工林区域で昨年、赤外線カメラで17種の野生動物を捉えていた。中にはヒョウ、ユキヒョウ、クチジロジカなどの国家一級保護動物も含まれていた。個体識別調査によると、東仲人工林区域内で、少なくとも9頭のヒョウを確認することができた。
 ヒョウは、ユキヒョウやパンダと同様に中国の国家一級保護動物である。近年、狩猟による数の減少や生息地の分断により、中国は東北、華北、西南などの地域に部分的に分布し、個体数は減少している。  2018年には、玉樹チベット族自治州環境保護と林業局、山水自然保護センターが長期モニタリングプロジェクトを開始し、東仲人工林の325平方メートル区域内に15人の観測員を配備、30台近くの赤外線カメラを設置した。  山水自然保護センター三江源(Sanjiangyuan)地区主任の趙翔(Zhao Xiang)さんは「ヒョウは森林生態系の頂点捕食者であり、少なくとも9頭のヒョウを確認できたので、東仲人工林区域の森林生態系は健全である」と話す。  観測結果によると、玉樹チベット族自治州環境保護局と林業局は山水自然保護センターとさらに協力関係を構築し、密猟者への巡回パトロールや野鳥観察のできる自然体験コースなどを設け、区域の生物多様性を保護し、促進していく。(c)CNS/JCM/AFPBB News ※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

サブコンテンツ
サブコンテンツ2

チベット旅行はT-TS by 西安中信国際旅行社 MENU

Copyright (C) 2009 T-TS by 西安中信国際旅行社. All Rights Reserved.

西安中信国際旅行社有限責任公司

中国国家旅遊局授権国際旅行業務資格:L-SNX-GJ00029
住所:〒710061 中国陝西省西安市碑林区南関正街中貿広場5号2単元16階
TEL:(86‐29)8788‐1980
FAX:(86‐29)8788‐1980