夏河の紹介

黄河上流にある農牧地帯で商業が盛んな夏河、チベット文化の色濃いこの地には、ゲルク派のラプラン寺があり、五体投地をするチベット人たちに出会える。信心ぶかい仏教徒がマニ車を回す姿は、自分が異文化圏にいることを実感させてくれる場所です。 東は合作市、南はルチュ県,北は臨夏県、青海省循化サラール族自治県、同仁県、西は青海省ツェコク県に隣接します。
チベット族が総人口の約78%を占めます。

ラプラン寺


清の康煕48年(1709年)ジャムヤン・ジェパ1世によって創建されたゲルク派6大寺院の一つです。
タール寺と並びアムド地方のチベット仏教の中心的地位を担ってきました。
寺院内には天文、地理、数学、金剛学院、時論学院、チベット医学の6つの学院が設けられ、 4000人が学び、最盛期には各地から集まった活仏だけで500人以上いたと言われています。
対岸丘の上から寺の全景を見渡せます。

貢唐宝塔

ラプラン寺の有名な学者コンタンツァン3世が1805年に創建した仏閣です。
文化大革命で破壊されましたが、コンタンツァン6世が1993年に再建しました。

サブコンテンツ
サブコンテンツ2

チベット旅行はT-TS by 西安中信国際旅行社 MENU

Copyright (C) 2009 T-TS by 西安中信国際旅行社. All Rights Reserved.

西安中信国際旅行社有限責任公司

中国国家旅遊局授権国際旅行業務資格:L-SNX-GJ00029
住所:〒710061 中国陝西省西安市碑林区南関正街中貿広場5号2単元16階
TEL:(86‐29)8788‐1980
FAX:(86‐29)8788‐1980