コンボ(林芝)の観光スポットの紹介

標高が3000m程度とチベット圏内では比較的標高の低い地域の多いコンボは、ラサと四川省の境界に またがる川蔵公路沿いの地域のことです。
ナムチャバルワ峰(7782m)とギャラペリ峰(7150m)の手前には深度5000mの世界で最も深い「ヤルン・ツァンポ大峡谷」があること知られます。また、 ニンマ派の聖湖パソン・ツォ(八松錯)なども有名です。


ヤルン・ツァンポ大峡谷

ヤルン・ツァンポ峡谷は、世界一の大峡谷として有名で深さは平均5000mにもなります。最も深いところで5382mとされ、 これは米アリゾナ州にある峡谷“グランドキャニオン”の3倍以上の深さです。
チベットのスイスといわれるほど木も多く付近の自然も豊かで、多くの稀少な動植物が発見されています。


ナムチャバルワ峰(南迦巴瓦峰)

7782m、世界で15番目の高峰でとても峻険です。ヒマラヤ山脈の最東端に位置し、「落ちてきた石」という意味です。
 その険しさから魔の山と言われ、1992年まで未登峰でした。
 コンボの夏は雨期が長いため、どうしても雄姿を見たいなら冬に訪れるのが良いでしょう。  


ボン・リ(本〔草冠に本〕日神山)

コンボの東南、ヤルンツァンポ川の北側に構え、ボン教の聖地として崇められています。
 ボン教徒以外に仏教徒も訪れ、習慣に習って左回りで巡礼します。


パソン・ツォ(八松錯)

ラサから東コンボへ、コンボ・ギャムダ(工布江達)を通過し八一へ向かう途中にあります。
 ニンマ派の聖湖で、チベットの伝説の英雄の魂が宿るとされています。

サブコンテンツ
サブコンテンツ2

チベット旅行はT-TS by 西安中信国際旅行社 MENU

Copyright (C) 2009 T-TS by 西安中信国際旅行社. All Rights Reserved.

西安中信国際旅行社有限責任公司

中国国家旅遊局授権国際旅行業務資格:L-SNX-GJ00029
住所:〒710061 中国陝西省西安市碑林区南関正街中貿広場5号2単元16階
TEL:(86‐29)8788‐1980
FAX:(86‐29)8788‐1980