チャムド地区(昌都)の観光スポットの紹介

四川省のカンゼ・チベット族自治州、雲南省のデチュン・チベット族自治州とともにカム地方を形成しているチャムド(昌都)は メコン川上流地帯に位置する東チベット第一の都市です。そんなチャムド(昌都)はカム地方最大の街として古くから交易の中心地、物資集積地として栄えてきました。雲南省、四川省からどちらからも 道がつながる場所です。



リウォチェ・ツクラカン(査杰瑪大殿)

1276年創建された、カギュ派のお寺です。文革で破壊されましたが、再建が進んでいます。


カールプ遺跡

チベット三大文化遺跡の一つです。 約4500年前の新石器時代に造られたと推測され、大量の石斧等が発掘されています。
海抜約3100m、総面積はのべ12000uにもなります。


チャムパリン・ゴンパ(強巴林寺)

1437年にゲルク派の開祖ツォンカパの弟子であるチャンセム・シェーラブ・サンポによって建てられました。
最盛期には3500人の僧を抱えていましたが、現在は1000人強程となっています。チャムド地区最大のゲルク派の寺院です。  

サブコンテンツ
サブコンテンツ2

チベット旅行はT-TS by 西安中信国際旅行社 MENU

Copyright (C) 2009 T-TS by 西安中信国際旅行社. All Rights Reserved.

西安中信国際旅行社有限責任公司

中国国家旅遊局授権国際旅行業務資格:L-SNX-GJ00029
住所:〒710061 中国陝西省西安市碑林区南関正街中貿広場5号2単元16階
TEL:(86‐29)8788‐1980
FAX:(86‐29)8788‐1980