ロカ(山南)地区の観光スポットの紹介

ロカ地区とはチベット自治区を構成する7つの地区のひとつです。
チベット名でロカ・サクル、中国語では山南地区といいます。ラサの南のヤルン・ツァンポ南岸からブータンの国境辺りまでをロカと呼んでおり、首府はツェタンです。 ダクユルにある779年創建のサムイェ・ゴンパ(桑耶寺)やチベットの4大聖湖のヤムドク湖、目の前に氷河の見えるカロー・ラなどの観光スポットがあります。


サムィエ・ゴンパ(桑耶寺)

僧が修行をする僧院としてはチベット最初のものとして有名。779年に仏教を国教と定めたティソン・デツェン王が創建しました。
ティソン・デツェン王はサムィエ・ゴンパにインドの学僧カマラシーラと中国禅宗の大乗和尚を呼び寄せ、国教を決める論争を させた結果大乗和尚が敗北し、インド仏教こそ正統としました。
サムィエはゴンパ全体が壮大な立体マンダラとなったおり、仏教の説く宇宙の構造を模しています。

タントゥク・ゴンパ(昌珠寺)

吐蕃松賛干布時代に創建されたかなり古いお寺です。
ソンツェン・ガムポ王がチベットに災いをもたらすとする羅刹女を鎮める13寺のひとつとして創建されました。
お堂にある2万個の真珠で造られているタンカは有名です。

ヤムドク・ユムツォ(羊湖)

ラサから155km、ギャンツェとの間にあります。
 「トルコ石の湖」という意味を持つだけあり、青く輝く水面は魅力的です。
チベット三大聖湖のひとつにも数えられ、ラサから日帰りできピクニック感覚で行けるのでお勧めです。

ナンカルツェ

ノジン・カンサンの氷河が美しく、 最近ラサとシガツェを結ぶ幹線道路ができてからヤムドク湖と併せて日帰りで訪れる旅行者が増えています。

ユムブ・ラガン(雍布拉康)

初代吐蕃国王ニャティ・ツェンポが原型を築き、それを復元した宮殿です。
何度も再建されているようで、現存するのは1982年に改めて建てられたものです。

サブコンテンツ
サブコンテンツ2

チベット旅行はT-TS by 西安中信国際旅行社 MENU

Copyright (C) 2009 T-TS by 西安中信国際旅行社. All Rights Reserved.

西安中信国際旅行社有限責任公司

中国国家旅遊局授権国際旅行業務資格:L-SNX-GJ00029
住所:〒710061 中国陝西省西安市碑林区南関正街中貿広場5号2単元16階
TEL:(86‐29)8788‐1980
FAX:(86‐29)8788‐1980